Discover 江戸旧蹟を歩く
 

 千住橋戸町
    
  ○ 橋戸稲荷神社



○橋戸稲荷神社 足立区千住橋戸町25-1

  
 

「江戸名所図会 千住川」

 「江戸名所図会千住川」に「いなり」(橋戸稲荷神社)が見えます。

   
 

<橋戸稲荷神社と伊豆長八の鏝絵>

 鳥居左手にある説明板「橋戸稲荷神社と伊豆長八の鏝絵」です。

(説明板)

「橋戸稲荷神社と伊豆長八の鏝絵  登録 昭和五七年一二月
 当社は、昔この地の半農半漁の開拓民が、稲荷の神を勧請し延徳二年(一四九○)の創建という。もとは千住河原の景勝地に本殿のみが建立されていたと伝わる。
 江戸時代、千住が宿場になると、社の付近に、上流の飯能・秩父・川越方面から物資が陸揚げされ、この辺りは、継場として栄えた。
 文禄三年(一五九四)千住大橋がかけられると、人馬の往来が数多くなり、宿場を通る人々や、河川の小揚組などの信仰を集め今日に至った。
 文久三年(一八六三)拝殿の前扉に、当時、鏝絵の名工として名高かった伊豆長八の創作で白虎が彫刻された。伊豆長八の作品として、数少ない貴重な遺作である。
  平成十六年三月  足立区教育委員会」

  
 

<矢穴の石>

 江戸城石垣石によく見られる矢穴のある石があります。

  
 

<睦逎松碑>

  
 

<手水舎>

  
 

<獅子山>

 獅子山の上には神使狐です。

    
 

<橋戸神社縁起碑>

 平成2(1990)年の建立です。

   
 

<拝殿>

 扁額は「神威」です。

   
 

<本殿>

   
 

(説明板)

「伊豆長八作 鏝絵
 橋戸稲荷神社本殿は、寺社建築では珍しい土蔵造りで、足立区登録有形文化財(建造物)である。
 正面、観音開き左右の扉の内側には、伊豆長八(本名は入江長八)により鏝絵が画かれている。絵は夫婦の白狐で、向かって右扉に雄狐、左扉に雌狐が子狐を抱き、背後にもう一匹の子狐と稲穂が配されている。小狐を見る母狐の慈愛溢れる眼差しや優美な白狐の姿態など、名工長八の技量が遺憾なく発揮された名作である。
 土蔵造りの本殿、鏝絵の図柄とも、橋戸耕地の稲の豊作を祈願したものと思われ、絶えず水害に苦しんだ農民の願いが込められたものといわれる。
 伊豆長八は文化十二年(一八一五)、伊豆国松崎(静岡県松崎町)に生まれ、文政九年(一八二六)、郷里で左官となった。天保四年(一八三三)、江戸に出て技術を研き、明治二十二年(一八八九)、東京深川で没した。長八の鏝絵は、伊豆はもとより、関東・東海の各地に見られたというが、関東大震災などで失われたものが多く、現存する作品は貴重である。
  平成二十八年三月  足立区教育委員会」

  
 

<鏝絵レプリカ>

 本殿の鏝絵のレプリカが拝殿にあります。
 向かって左扉の鏝絵:母狐と二匹の子狐と稲穂
  向かって右扉の鏝絵:父狐と稲穂

     
 

<境内社>

 拝殿左手の境内社

    
 

 拝殿右奥の境内社

   
 

<橋戸稲荷神社参拝記念>

「橋戸稲荷神社縁起
 この社は延長四年(九二六)に創建された。千住では歴史の古い神社である。初めは千住の渡し場のほとりの小高い丘に小さな社が造られ、土地の開拓農民や荒川の上流から江戸に荷物を運ぶ船頭達の信仰を集めた。
 祭神 倉稲魂命 と稱し、本殿は延徳二年(一四九○)拝殿は文久二年(一八六二)に建立された。現在の本殿は土蔵造りで扉を開くと左右に伊豆長八作の雌雄二匹の狐と稲穂の漆喰の彫刻が見られる。

「橋戸稲荷神社と伊豆長八の鏝絵
 当社は、昔この地の半農半漁の開拓民が、稲荷の神を勧請し延徳二年(一四九○)の創建という。もとは千住河原の景勝地に本殿のみが建立されていたと伝わる。
 江戸時代、千住が宿場になると、社の付近に上流の飯能・秩父・川越方面から物資が陸揚げされ、この辺りは、継場として栄えた。
 文禄三年(一五九四)千住大橋がかけられると、人馬の往来が数多くなり、宿場を通る人々や、河川の小揚組などの信仰を集め今日に至った。
 文久三年(一八六三)本殿の前扉に、当時、鏝絵の名工として名高かった伊豆長八の創作で白虎が彫刻された。伊豆長八の作品として、数少ない貴重な遺作である。」

「伊豆長八作 鏝絵
 橋戸稲荷神社本殿は寺社建築では珍しい土蔵造りで、足立区登録有形文化財(建築物)である。
 正面、観音開き左右の扉の内側には、伊豆長八(本名は入江長八)により鏝絵が画かれている。絵は夫婦の白狐で、向かって右扉に雄狐・左扉に雌狐が子狐を抱き、背後にはもう一匹の狐と稲穂が配されている。子狐を見る母狐の慈愛溢れる眼差し・優美な白狐の姿態など、名工長八の技量が遺憾なく発揮された名作である。
 土蔵造りの本殿、鏝絵の図柄とも、橋戸耕地の稲の豊作を祈願したものと思われ、絶えず水害に苦しんだ農民の願いが込められたものといわれる。
 伊豆長八は文化十二年(一八一五)、伊豆国松崎(静岡県松崎町)に生まれ、文政九年(一八二六)、郷里で左官となった。天保四年(一八三三)、江戸に出て技術を研き、明治二十二年(一八八九)、東京深川で没した。長八の鏝絵は、伊豆はもとより、関東。東海の各地に見られたと言うが、震災・戦災で失われたものが多く、現存する作品は貴重である。」

  


戻る