Discover 江戸史蹟散歩
 
 堀之内北公園(恐竜公園)


○堀之内北公園(恐竜公園) 足立区堀之内1-21-1

 別名「恐竜公園」と呼ばれています。
 恐竜のオブジェが3体あり、公園の通路には恐竜の骨格がアレンジされ、トイレには恐竜のタイル壁画があります。

<3体の恐竜>

「ステゴサウルス」
 叩いてみると、中は空洞の音がします。FRP製です。
 尾のトゲは、防御のための武器です。

     

「アンキロサウルス」
 叩いてみると、中は空洞の音がします。FRP製です。
 尾の先には防御のための武器である骨が入った塊がついています。

   

「プラテオサウルス」
 叩いてみると、手が痛い。
 他の2体と違って、コンクリートでできています。

     

 (※恐竜名はこちらのサイトを参照しました。)
 

<恐竜の骨格>

 通路には、恐竜の骨格が小石でアレンジされています。

   
 

<恐竜のタイル壁画>

 トイレには「恐竜のタイル壁画」があしらわれています。

  
 

<スプリング遊具>

 子どもは読めないであろう「sea otter」(ラッコ)と「giraffe」「キリン」です。

   
 

「足立区立 堀之内北公園」

 公園銘板です。

  
 

「雨水貯留・浸透施設」

 グランドは雨水貯留・浸透施設となっています。
 そのためグランドは公園内では一段低くなっています。 

   


戻る