Discover 江戸旧蹟を歩く

 江戸川区平井

  ○ 逆井の富士塚



○逆井の富士塚(浅間神社) 江戸川区平井3-1-9

 逆井の富士塚は、富士塚そのものが浅間神社となっており、駐車場の真ん中に忽然と立っています。
 真っすぐな石段の参道の先に浅間神社の石祠があります。

     

     
 

<小御嶽神社>

  
 

<逆井の富士塚(江戸川区文化財)>

(説明板)

「逆井の富士塚
  昭和五十七(一九八二)二月登録
  区登録有形民俗文化財・民俗資料
 高さ約五m、区内で最大のものです。建造年代は不明ですが、「当山再築小松川村」と記した明治十七年の碑がありますので、区内で最も古い築造です。
 登山道は、塚の正面に直線で設けられ、石段になっています。頂上の部分を玉垣で方形にとり囲み、石祠を祀っています。登山道の両側には、数多くの石碑が建てられ、地元の丸岩講のもののほか、小松川山元講や平井丸富講の碑もあります。
 この逆井の富士塚そのものが浅間神社です。旧逆井村の人々が、現在でもその維持にあたっています。七月一日に幟を立てて祭礼を行います。
 石積み型の大型なもので、倒壊防止のため、昭和三十年代にコンクリートで覆いました。
  昭和五十三年三月設置  平成十七年一月改訂  江戸川区教育委員会」

  


戻る